BackupStreet >> DVDコピー解説 >> DVDの構造を知ろう!「1層式」・「2層式」って?

■ DVD の構造を知ろう! 「1層式」・「2層式」って?

DVDは大きく「1層式」と「2層式」の2つに分かれます。

名前からも想像がつくように、「1層式」と「2層式」のちがいは、
データを記録できる層の枚数です。

パンケーキを想像していただくと分かり易いと思いますが、おおざっぱに言うとDVDは、
2枚のプラスチックの円盤の間に、データを書き込むための層(記録層)
サンドイッチされた構造になっています。

この記録層は1枚あたり、およそ4.7GBのデータが書き込めるようになっていて、
私たちが普段コピーに使用するメディア(DVD-R、DVD+R など)は、片面1層式(記録層が1枚)のものが主流です。

これに対して「片面2層式」は、記録層を2枚重ねることで最大8.5GBまでデータを書き込めるようにしたDVDです。
(ちなみにBlu-rayにも片面2層式は存在し、通常の片面1層式のBDの容量が25GBなのに対し、片面2層式のBDは実に最大50GBものデータが書き込めます)

「片面2層式」にするメリットは、例えば

  • 再生時間の長い作品をディスク2枚に分けることなく1枚のディスクで提供できるため、再生時のディスク交換の手間を省くことができる
  • より高いビットレートでデータを書き込むことで、より高画質なDVDにできる

ことなどが挙げられます。

反面、「片面2層式」のDVDは容量が大きい分、コピーを取る際には問題が発生します。
4.7GBしかない通常のDVD-RやDVD+Rにはデータを書き込みきれないのです。。。

そこで「片面2層式」DVDをコピーする際は、次の3つのいずれかの方法が取られています。

  • 4.7GB のメディアに収まるように、もとのデータを圧縮する
  • 4.7GB のメディアを2枚使って、もとのデータを半分ずつ書き込む
  • 8.5GB のメディアを用意して、それに直接コピーする

1つめのやり方(圧縮タイプ)は、俗に「トランスコーディング」と呼ばれています。
CloneDVD」や「DVD Shrink」など、ほとんどのツールはこのやり方で2層式を攻略します。

圧縮を行う関係上、(気にならないレベルで)画質は落ちてしまいますが、メディアが1枚で済むので、きわめて低コストでコピーできる点が特長です。

2つめの分割タイプは、「DVDFab」や「IfoEdit」といったツールが採用している攻略法で、圧縮を一切しないため、画質をまったく落とさずにコピーできるという特長があります。

ただし、メディア代が倍増してしまうほか、再生途中に必ずディスクを交換する必要があるため、使い勝手が非常に悪くなる問題があります。

3つ目のやり方は、片面2層式のDVDをそのままコピーできる 「DVD+R DL(または「DVD-R DL」)を活用する方法です。価格は1枚100円前後と通常の1層式メディアの2〜3倍するため若干割高ですが、メディア1枚にコピーできるので収納スペースを取りませんし、何より画質が全く落ちないため非常に優れたコピー方法だと思います。(管理人は片面2層式メディアへのコピーを最も好んでいます)

さてさて、、、

そんなこんなでDVDのコピーにはいろんなやり方があるわけですが、
そのすべてを把握する必要などありません!!

だって、手段はどうであれ、コピーできてしまえば、それでいいのですから・・・(笑)

このサイトでは、さまざまなバックアップのやり方を紹介しています。
あなたが気に入ったやり方を、是非あなたのものにしてください!

[ → home ] [ ↑ ページの先頭へ ]


レンタルショップが家から遠い管理人。。。
観たい作品があるのに、借りにいく時間も返しにいく時間もない。
そんな時に本当にありがたかったのが、このオンラインDVD/Blu-rayレンタルサービスでした。。。
あなたのお宅をTSUTAYAにする裏技をこっそり教えます。
 ★3414名の方が体験!Up!! 9/25

DVDメディア情報局

おすすめDVD編集ツール

e-mail: 
当サイトはリンクフリーです!
メールをくださる方は上のメアドからお願いいたします m(_ _)m

Google

 WWW検索  サイト内検索